テーマ:

読書の秋…

今週、なんとなくまとめ買いしてしまいました。 式の前日 (フラワーコミックス) 宇宙兄弟(19) (モーニング KC) 87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス) ありがとう3組 あいかわらず漫画が多いなあ… でも、とっても面白いんです 今日か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本能寺三部作

昴に頼まれたゲームソフト(お盆の前倒し)が、TSUTAYAのポイントで買えてラッキー~♪ その勢いで、本をまとめ買いしてしまいましたf^_^; 「秀吉の枷」を最初に読んだもので…。 NHK「その時歴史が動いた」 本能寺の変 信長暗殺!~闇に消えた真犯人~「戦国編」 [DVD]日本クラウンドキュメントユーザレビュー:Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿山課長の七日間

この本を読み終えるのに5年くらいかかってしまいました。 出だしの何ページかを読んだところでつらくなっちゃったので。 家族を愛し、毎日一生懸命仕事をしている中年の男性が、取引先接待の場で突然倒れて… 過労? 幸せな生活を送っていた男の子が、突然交通事故で… そこから、前に進めなくなっちゃったんですね~。しばらく本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛読書

寝る前に、ちょっとでも、1ページでもいいから本を読みたい。 手をつけて、途中でやめている本が何冊もありますが… 漫画でもなんでもかまわないんです。 リフレッシュというか、リセットというか。 最近、睡眠不足気味なので、早く読めるのがいいなあ。 (ついつい開きっぱなしで、電気もつけっぱなしで寝てしまい とんでもな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

闇の子供たち

映画「闇の子供たち」が公開になりました。 主題歌を桑田佳祐さんが担当しているので(現代東京奇譚)気にはしていたんですが。 出演しているのも、江口洋介、佐藤浩市、妻夫木聡、宮崎あおいとくれば、見逃すはずはなく… ただ、映画館が限られているというので地方では無理かと、DVDになる日を待っているわけですが、どんどん上映する映画館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターをもう一度1巻から…

今、ハリー・ポッターと死の秘宝を読み終えてしまいました。 上下巻の長い物語は、エンジンがなかなかかかりません。前回までの内容を忘れていることが多いし… 読み進むうちに、ページをめくる速度が上がり、本を置いている間ずっと続きが気になる。でも、さすがに子供の頃のように何もしないで読んでるわけにもいかないし。 早く先に進みたい一方で、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中原の虹4

「わが勲は民の平安」 そう叫んで勇者達は長城を越えた。順治帝を擁するダイシャン達。 そして時を超えて張作霖達も。 ともにある父祖のみたまとともに 今こそ長城を越えて 貧しき人々を救おうではないか わが勲は民の平安 兄弟の健康を祝す 兵馬を壮揚せよ 「祝健康弟兄、壮揚兵馬!」 と馬上で背筋を伸ばし、高らかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

井上雄彦「リアル」インタビュー

たまたま、コンビニで目にした雑誌 「ダ・ヴィンチ12月号」 表紙に、「リアル」の作者井上雄彦さんのインタビューが載っているとあったので 速攻、レジへ 作品への思い、「バガボンド」との、描く上での姿勢の違いなど 興味深く読みました。 障害の有無だけではなく、 みんながそれぞれ生きていて抱…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中井貴一と白蘭

娘が 「お母さん、今夜の『おしゃれ』見たほうがいいよ♪」 どれどれ。 おお、中井貴一さん 「連合艦隊」「ふぞろいの林檎たち」の頃から大好きなんです。 確か、同じくらいの年代なんだよね~。 で、番組の中で、中井貴一さんの飼っている犬が出てきたわけですが... 2匹いて、片方が「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自閉症児の姉に生まれて

 以前、「自閉症児の姉に生まれて」の著者の講演会があると書きましたが、感想を書く機会に恵まれましたので、そちらに使った原稿を載せてみます。  親とはまた違った視点で書かれたこの本も、機会がありましたら、ぜひ手にとっていただきたいなあ~、と思っています。     {%cl…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きょうだいの気持ち

めずらしく一人で本屋さんに行って、目にとまったのが 「自閉症児の姉に生まれて」 市内在住?そういえばいつか地元の新聞に出版された記事が載ってたっけ。 迷わず購入して読みました。 すぐ近くに住んでいる方が書いた本だということもありましたが、親としてはいつも気になっている「ハンディを持つ子どもの、きょうだいのこと」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Life 天国で君に逢えたら

桑田佳祐さんが、映画の主題歌を書き下ろすとききました。タイトルは 「Life 天国で君に逢えたら」 ....なんか聞いたことがある。 ネットのお友達、りょうまパパさんのブログで以前紹介されていたんでした。 若くして亡くなったサーファー、飯島夏樹さんの手記でした。 テレビでドキュメンタリーを放送すると聞いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉ネットワーク

今夜のNHK教育テレビ、福祉ネットワークの「ボクの生きる自閉症の世界」 いや~、釘付けでした。 可哀想とか悲しいとか、まったくないのに 自分の子どもにもよく見られる光景もあったのに 番組を見ているうちに涙がボロボロ  こんなふうに思ってたんだ  伝えられないだけなんだよね  一番苦しいのは、周りにい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

珍妃の井戸

「中原の虹2」を読み終えてしまって、3巻が待ち遠しいです。 また「蒼穹の昴」も読み直していますが、まてよ?もう1冊あったな、と。 「昴」の続編ということで買ったんですが、しばらく本棚のすみにあった 「珍妃の井戸」 「昴」でいたく感動してしまったものですから、続編でがっかりしたくないなあ、という気持ちだったし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地下鉄に乗って

夜更かしついでにもうひとつ。 いよいよ今日から公開される映画「地下鉄に乗って」 原作は浅田次郎で、私も大好きな作品です。 で、今また読み直しているところでした(^^) 浅田次郎の作品は映像になりやすいみたいで、ドラマや映画になっているものが多いです。 すば父に 「平日、休み取れたら一緒に行かない?食事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南極のペンギン

敬愛する高倉健さんの作品「南極のペンギン」 この絵本がCD化されたそうです。 いつもは朝テレビを見ないんですが、なんとなくスイッチを入れたらこのニュースが。 やっぱり運命?健さんが私を呼んだのね(*^_^*) 点字本にしたい、という申し入れに「役に立ちたい」と、朗読を申し出てくれたんですって!! 自費で制作…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

読書の秋~すばる編~

念願の「トリビア新刊」をゲットしたすばる。 この本に限りませんが、お気に入りは読み込み方がすごいからなあ~。 使用前 使用中 使用後 私には何巻なのかさっぱりわかりませんが、すばるはわかるようです。 雑誌も表紙を取ってしまうことが多いのですが、それでも知ってるもんなあ~。 さ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

中原の虹

もひとつ本の話題。読書の秋ってことで(^^) 待ってました「中原の虹」  浅田次郎(著) 私が浅田次郎にはまるきっかけとなった作品「蒼穹の昴」の続編です。 「昴」の名前で読み始めたんですが、次々他の作品も読みふけってしまいました。 「小説現代」に連載していたのは知っていたんですが、まとめて読もうと思っていたので今回初…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天国までの百マイル

久々に浅田次郎です。 実は、ちょっと前に「絶対幸福主義」を読みました。 浅田氏の前向きな姿勢は、本当に共感できるというか元気づけられます。 今の状態を不足、不満に思っているとキリがないんですよね。 私は極限の苦労をしたことはありませんが、毎日ちゃんとご飯を食べられて布団に寝られて。 家族にも恵まれて本当に幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想の男性

ミーハーな私なので、好きな人はたくさんいます♪ 漫画も大好きなのでよく読むんですが、 連載当初から好きだった「1・2の三四郎」 主人公、東三四郎が大好きなんですよね~。 「気は優しくて力持ち」 今では娘と二人でファンなので、三四郎みたいな人だったらお嫁にやってもいいかな?なんて.... 続編を読んでか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

謎のプリンス

やっと読み終わりました。 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 ネタばれしないように.....(*^_^*) テスト週間だった娘より先に読もうと思っていましたが、あっという間に追い越されてしまいました。 でも毎日「どこまで読んだ?」「ああ~、続きが気になるね!」の会話を楽しめてよかったわ。 発売を心待ちにしていて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

血涙~楊家将後伝~

中国では「三国志」「水滸伝」と並んで人気があるらしい「楊家将」。 北方謙三版しか知らないのですが、続編が出るとは思っていなかったので、ネットでも話の内容をちょっと見ちゃったんですよね。 でも、やっぱり面白そう。 遼と戦った宋の武門、楊家。 楊業を始め、4人の息子達が戦死。 残った六郎と七郎が賢明に建て直し、九妹も参戦。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楊家将の続編

北方謙三の「楊家将」とても好きな小説です。 長男に教えてもらって読んだんですが、感動感動! 続編が出るといいねえ~、でも「水滸伝」書いてるしねえ、なんて言ってたんですが。 その後違う本ばかり読んでいて(漫画もふくむ)知らなかったんですが 書いてたんですね~!続編!  北方先生ありがとう! PHP研究所から「文蔵」という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

表紙

ほとんど毎週買っているゲームの本があるのですf^_^; いつもは表紙を捨ててしまうすばる…それでも何号だかわかるところが信じられませんが(^O^) これはそのままじゃあないですか! 母が好きな人だと知っているのか…p(^^)q これは捨てずに私にくださいね。 ちなみにロベルト・バッジォ…サッカー選手です!(^^)!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国家の品格

流行り物にはあまり手を出さないほうですが、この本は読んでみたいと思ったので買いました。 藤原正彦(著)「国家の品格」 最近モヤっとしていた気分を代弁していただいたようで、スカっとしました。 文章もわかりやすく読みやすいです。 両親の考え方が、自分が生きてきた、生きていく上でバックボーンになっているとは思いますが、自分が育てら…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

吉田まゆみサン

この前、時間つぶしに立ち寄った古本屋さんで懐かしい名前を発見。 高校時代、吉田まゆみ(漫画家)のファンでした。 「れもん白書」「れもんカンパニー」「B・Dフィーリング」などなど、休み時間に友達と読んでました。 主人公と同じ世代だったから、はいりやすかったんだろうなあ。 アイビー基調の絵も好きでね。 今回見つけたのは「バ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ふたりはともだち

上の3人が小学校のとき、教科書についていたお話です。 「ふたりはともだち」の中の「おてがみ」だったでしょうか?たぶん... 大好きなお話だったので、本を買いました。 シリーズで4冊あったので全部(*^_^*) 毎日のように、寝る前に布団に入ってから読みました。 吹き出しそうになるのを我慢して、笑いをこらえて読んだ話もあ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

1,2の三四郎

このブログを読んでくださってるかたには、ほとんどなじみのない名前だと思います。 漫画のタイトルなんですが、主人公の東三四郎をとても好きなのです(^^♪ プロレス漫画ですが、プロレスは好きじゃないので見たことはありません。 「気は優しくて力持ち」でいいなあ、と。 娘まで「三四郎っていいよね、大好き!」って.... 親の影…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「功名が辻」はようやく読み終えました。 私にすれば、とても速いペース。やっぱ司馬さんは読みやすいです。 これで、来年の大河ドラマはばっちりね(^^♪ ...20年前に読んでれば、もっといい奥さんになれたかも...(*^_^*) 漫画ども雑誌でも小説でも、読むのが好きな親子なんですが、 おばあちゃんだけは本が嫌い(T_T) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more